読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホでできない撮影の楽しみってなんだろう

f:id:wrenchy:20170130170811j:image

遅くなった旅の道すがらちょっと気になる風景が

目の前に広がっていたのでスマートフォンでパチリ。

 

この暗さでスマフォカメラ撮影だからと画質には

あんまり期待していなかった。

でもビックリ。

こりゃ、コンパクトカメラが売れなくなります。

 小さなスマフォカメラとコンパクトといっても大きな

カメラと比較なんてできないよと思っていたけど

そういう考え自体がその進化を妨げてるなって

痛感です。

 

もちろん、目の前に広がる情景ですからこの寒い中で

たたずむ時間も少し短めにしてカメラにこの記憶を

留めました。

 

カメラの話になります。

一眼カメラは進化のスピードがゆっくりになってきました。

もちろん、猛烈な高性能はやっぱりデジタルな部分が

その牽引役ですが、性能の向上スピードに人間の興味が

追いついているのか?

 

撮影をする。写真を共有する。

という消費サイクルはすでに浸透している気がします。

じゃプロはどこで活躍するの?

そもそも撮影の楽しみって?

 

こちらの方はまだまだ楽しみが広がる限り

まだ着地点は見えていません。

 

今後はスマートフォンで出来ない楽しみを

もっと追求して欲しい。

その時に単なる画質だけの比較は意味がないです。

撮影側もそれを楽しむ側もそれを最優先に考えていない。

 

私の関わる自転車の世界でもこれは切実な

課題です。