読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会話サウンドの心地よさ

f:id:wrenchy:20161230080954j:image

友達と二人忘年会。

行きつけのお店に誘ってもらう。

 

開店前から暗い夜道には大人の列が。

繁盛店の証拠。

 

開店と同時に店内の机には会話の華が

咲いています。

私達もすっかり自分たちの世界に。

でも面白いことに気付きました。

店内のお客さまはそれぞれが

お酒と旨い肴をつまみに話し込んでいます。

それなのにうるさくない。

自分たちの会話を止めて、側耳立てると会話の

ボリュームは結構うるさいレベル。

 

あ、そうか。

自分たちもこの位の音量でしゃべっている。

なのに他人の会話がうるさく感じない。

 

うるさいとは。

不快なのは他人の会話で感じるもの。

恐らく自分たちだって不快をばらまいてるはず。

でも、うるさく感じないのはきっとこのお店の

会話の音量とか音程が一定なんだろうな。

 

同じことを年齢層がかなりたくさん交じる

ファミレスならどうなるか。

 

このお店が繁盛店になる秘訣がここにも

あるんだって痛感します。

出される食べ物だけじゃない。

 

自分がかかわる仕事でも活かせるヒントです。