読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トラムという生活

f:id:wrenchy:20160930180943j:image

半日休みを使って新しい街へ繰り出しました。

先週の街と同じくトラムが街の中心を走ってる。

 

それだけで上質な街の感じ、香りがします。

世の中が変わる過程できっと、効率とか費用の面で

無くなる存在と思われたトラム。

 

路面電車チンチン電車なんかで呼ばれて利用者にはとても

愛されてきたと思うけどまだ残っている街はきっと、

色んなことを乗り越えてんだと思う

 私の住む街にもあるけど、ほとんど乗らない。

それはその速度が自転車はもちろん、交通機関と比較して

ゆっくりだから。

 

ゆっくり移動することが悪ではない。

早さだけが効率ならば人間の存在意義も無くなる。

 

だからトラムがなくなった理由は理解しているけどそれと

同じだけ、存在する意義も理解しているつもり。

だから、この街が好きになる理由がここにある。

 

トラムという生活。

ちょっとうらやましい。