読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操る喜びがまだ残っています

f:id:wrenchy:20170511162448j:image

オートマチックトランスミッション-オートマが

車に搭載されてマニュアルという言葉が

珍しくなって何年でしょ?

 

乗用車にマニュアル変速を探すのは至難の業。

でも、トラックはいまだにマニュアルも

少なくないですね。

 学校が授業で借りてくれたパネルバンには

6速マニュアル搭載。

 

なんでしょ。このわくわく感。

アクセルとブレーキとハンドルは同じ。

基本動作ではないのに。

 

信号で止まってからスタート、加速するまでに

このシフトノブを握って作業する瞬間に

思わずうれしくなってニヤニヤしている。

 

これを喜びと言わずして何と言いましょう。

 

操れない。というかそれはそれで道具としては

正しい進化なんだろうけどあえて、手間がかかる

のに楽しい。

 

きっとこれからさらに道具のIT化が進むと

操る喜びはもっと風前の灯火に。

 

自転車ってその操る楽しみがまだたくさん残ってます。

だからと言って古き良き記憶だけを楽しめない。

電気制御の変速機を使っているとその便利さは色んな角度

からひとつの道具として進化していると感じています。

 

今後も仕事としてかかわる限りその進化が正しい方向なのかは

見定めないといけない。

でも操る楽しみは自転車からなくしてはいけないなと

改めてこのマニュアル変速の車を楽しみながらゆっくり

振り返りました。