読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

接客スタイルが変化していきますね

f:id:wrenchy:20170507104920j:image

居酒屋さんではタッチパネルオーダーが

当たり前になってきました。

 

始めてのお店ならばその場でオススメを聞いたり

店員からもオススメを紹介出来るチャンスが

「接客」でしたが、注文は機械に触れることで

成立します。

 導入されてからもうかなりの時間が経過してます。

数年前は注文したい商品がどこにあるかが分かりにくく

結局、ブザーで店員を呼ぶ始末。

使えないストレスがたまりました。

 

しかし、機械は進歩します。

人間がその時点で使える技術と機能を利用しているだけ

だから、失敗は人間よりも確実に学習していきます。

 

改めて使うとストレスがかなり軽減されています。

 

きっと次は音声認識

そもそも声の入り交じりやすい場所ですからどの位の

精度になるかわかりませんが最初に声紋登録しておけば

テーブルに座っている人間くらいならば問題はなくなる。

 

オススメ料理ももちろん、

「***みたいなモノが食べたいかな」というオーダーが

注文できるようになるのに時間はかからないはず。

 

食べる事、そして何より大事な会話をすること

に集中できるのかも。

それも良い所作なのかな。

 

でも私にはそれを受け入れがたい。

一人で外食を楽しむ場合私が大事にしている

のは接客を通じた働く人達との会話。

会話無しで機械だけで注文と食事が済むならば

私はなにも居酒屋さんには出かけない。

どんなに人気店でも旨い食事であってもです。

 そもそもコミュニケーションの場ですし。

 

食という生活に不可欠なもの。

でもそれと同じくらい大事なのは時間。

良質な時間を過ごすことは外に出かけて何をするのか

経験、楽しみ、実験、体験。

それは自分を今よりも高める事だと思うのです。

 

接客スタイルが変化する中で残るもの。

友達との食事の時にフッと考えさせられました。