読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本の色の感覚を海外で改めて学ぶのです

f:id:wrenchy:20170405222125j:image

先日イベントでとっても素敵な場所へ。

イベント自体も楽しませてもらったんですが

ここは日本に伝わる生地とその完成品でもある和服を

展示してあるところ。

これじゃちっとも伝わりませんね。

ウエブサイトが工事中なのでリンクは控えますが

私の心を揺さぶる場所でした。

 元々は近所にある呉服屋さんがギャラリースペース。

でも建物は日本建築の素晴らしい家屋を使った少しラボ的な場所。

入り口の質素な感じとは違い中に入ると広大な空間が広がります。

壁面に広がるのは膨大な生地。

中には数十年いや数百年の時を感じさせるものも。

 

色に強い興味を持ったのはヨーロッパでの仕事で。

自分の目で見た色が人種によって違うこと知りました。

決して病気ではなく先天性な特徴だとか。

 

それを知ると絵画を見る目が変わりました。

そんな色や柄にすべて名前がついている。

 

日本語で書かれた色の世界観は時間を忘れました。

 また機会があれば。