読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

使い方と置き方が自転車の未来とダブる

f:id:wrenchy:20170221110730j:image

都内で自家用車を所有するということは

かなりのハードルがあります。

 

車のコストはともかく維持することが

かなりの重荷。

そりゃそうです。

車は便利な移動手段だけど駐車場所が不可欠。

その快適性や喜びは駐車する場所とは別物。

仕事ならばコストとの相談になるけど

自家用車は生活費です。

 写真は都内の車庫事情。

どんな車でも駐車スペースとのサイズが

合わなければこんなことも起きます。

 

車庫のサイズに合わせて選ぶ。

確かにそんな選択/考え方もありますが、

自家用車なら好きなやつ選びたい。

 

一層のこと、「持たない」選択もあります。

でも、車のもつ魅力を生活と比較して

必要ならば所有したい。

 

ならば

自転車がこうなることは考えられない?

自転車って置く場所に困らないでしょ・・・

自宅ならばそうかもしれません。

 

でも移動する拠点での場所はどうですか。

自転車の機械的な魅力とか走る喜びだけを

追及している、販売していると

結果的に物理的な場所の問題に行きつきます。

 

それも車なんて比較にならないくらい盗難の

危険性があります。

もちろん、だからビジネスが成り立つのかも。