読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色々な水の使い方があります

f:id:wrenchy:20170215111901j:image

降雪地帯のみなさんにはお馴染の光景。

路面の雪を溶かしつつ、凍らせない工夫。

最初に秋の試験運転を見た時はビックリしました。

 

晴れているのになんで路面が濡れているの?

 

水は人間の生活には欠かせないもの。

 飲むから始まり色んな用途に使われる。

でもこの使い方は雪のあまり降らない地域では

路面に巻く、流すのは暑い時だけ。

 

そうそう。ちなみに打ち水って日の当たる所に

巻くのではないのです。

影の涼しい所に水をかける事でその温度差で

涼しくなる仕組み。

 

北国では雪が降り始めると路面がベチャベチャ。

路面に対しての水の使い方が真逆なのです。

 

でも、こんな光景を見た事ないと水の無駄遣いって

思うのです。

いや、これは正しい水の使い方。

もちろん、税金で負担しているから大変です。

水の使い方以上にこれって海水を真水に変えるものすごい

アイディアが使えそう。

ワクワクします