読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

残す意味はイイねじゃない

f:id:wrenchy:20170117103823j:image

整理をする時、必ず出てくるのが自分の名前入りの本。

これまでずっと大事に保管してきました。

 

ありがたいことに、

そんな仕事をさせてもらってきました。

カメラマンさんや編集の皆さんはもちろん、

敏腕のライターさん達、スタッフに囲まれて

やっとできた本やビデオ。

懐かしいからSNSとかに投稿すると

ありがたいメッセージをいただけます。

 

でも今回、引越しで少し処分を考えています。

 私が大事にしているのは何もイイねが

欲しいわけではない。

 

自分が考えたことが当時はこうだったと

忘れそうになる時に思い出しているだけ。

その時の100%がそこにはあるから。

 

でも校了した瞬間から次のアイディアが

ドンドン浮かびます。

こうすれば良かったというアイディアが。

 

だから世の中に出たモノは恥ずかしいだけ。

よくオレが私が出版したなんて勘違いするひとも

いるみたいですが私にとってそんなことを

考える思考も時間もないのです。

 

自分の言った文字、動作そして考え方は常に

アップデートされています。

もし今、この本の続編をと頼まればやる気になるか

と言われれば絶対にノーです。

 

自分の仕事内容が当時とは全く変わったので。

この内容で作れる人はたくさんいらっしゃると思うし。

当時は自分の表現方法の一つだった。

 

だけどもう本を取って置く必要性がなくなってきました。

もちろん、中古本屋に売るとかは絶対にしません。

図書館に寄付か潔く捨てるまで。

 

そうやって私はまた関わっている仕事のことを

極めたいな。