読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブランドサービス品質をユーザ目線で体験してみました

f:id:wrenchy:20170113232454j:image

いつも使っているパソコンが

バッテリー交換警告。

5年経過ですからそろそろ。

 

現場でシャットダウンは危険なので

買った直営店へ。

このブランドは接客の評判が両極端。

仕事で接客品質を教えているので

ワクワク、ドキドキ

 予約無しで行くのは定番。

受付で言われたのは1時間後。

それを逃すと20日後・・・

極端です。

PCのバッテリーは明らかに重要度が高いとは

思いますが、それでも横の方達は立ち上がらないとか

ソフトが動かないとか。そりゃ申告です。

 

予約無しで行くと悲惨だといわれてたので

想定内。もちろん、1時間後を選択。

 

連絡があるはずだけど2時間経過。

仕事時間は15分単位で決めているので

意を決してお店に。

 

ちょうど次ですと。ホントかな。笑

1時間待てと指示があったのに2時間待ったら

間に合った言われました。

 

面白い。

その後の修理と修理渡しにはさらに3時間。

でも、その待ち時間のイライラをシステム的に

解消できれば大人なので怒るレベルに無いかな。

 

その後の接客も参考になりました。

授業に活かせる体験。

ありがとうございます