読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学ぶど成果の距離感

f:id:wrenchy:20161030084146j:image

専門学校の仕事に縁があり数年は

仕事の真ん中にあります。

 

30年間以上関わっている自転車の仕事を体系的に

学びたいなと思っていたら矢先にこの話を

もらいました。

 

 学びたいことを仕事に出来る幸せ。

でもそれは大きく違いました。

 仕事して関わる相手は自転車の事をこれから学ぶ生徒達。

それもお金を支払ってくれています。

だから成果がなければ遠慮なく糾弾されます。

 

私の方は自分がまだ知らないことを自腹で学ぶ。

だから自分のお金が底をつくまで学ぶことが出来ます。

 

そりゃ成果の距離感があり過ぎます。

私がやってきたことを基本的には題材にして

学んでもらうつもりでした。

 

学校のカリキュラムを作り始めて3年が経過。

学ぶことの違いはわかっていたつもりだけどこれほどとは。

生徒には30年くらい先の事を想定してカリキュラムを

作らないとダメなこと。気付いていたつもり。つもりでした。

 

その頃には私は自転車に乗れないかもしれないのに

生徒にはその頃に自転車業界を引っ張ってもらわないと。

 

最近気付いたこと。

それも含めて学びだったんだと。

もう一回、学んでもらうことを学び直します。