読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行為を愉しむ

f:id:wrenchy:20161023091551j:image

いろんなセミナー、授業を見ているとメモは

スマートフォンタブレットが多数派。

 

もちろん理解してます。

単に記録ならばそっちの方が正確で良い場合も多い。

私もハンディーメモとしては移動の時に多用しますし。

内容をそのまま移すならば写真をとるかファイルをコピーするだけ。

 

でも記録と記憶は違います。

セミナーや勉強会で感じたこととかを自分なりにまとめるならば

メモが欠かせない。

メモこそが自分の理解を最大限にしてくれる。

でも私はさらにめんどくさいことしています。

 ボールペンよりはるかにめんどくさい万年筆を使っていること。

さらにはカートリッジを使わずにインクを吸い取るコンバータを使用。

なんで万年筆をインクを吸い取る行為を好んでやってるのか。

 

それは私なりの間の取り方に一番の理由があります。

万年筆を使うときは基本的に頭から記憶とか思考をフルに使って

紙に文字とかカタチを残すとき。

要するに記録や記憶を残すのではなくそこから絞り出す。

 

で、万年筆のコンバーターを見ているとまさにその行為に

似ていることを発見したからなのです。

このインクを充てんする行為は万年筆はもちろ指もけっこう汚れます。

でも、時間がないとこれができない。

ということはきちんと時間を作って準備を作ってやる所作なのです。

 

行為を楽しむことで仕事の準備をする。

ずっとやってきた仕事のことを振り返るときちんと準備を

した作業ほど臨機応変に対応できています。

それを楽しみながらできるなんて。今日も準備はOK。