読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正しい知識

f:id:wrenchy:20160820131202j:image

昨日、夜の会で話題になりました。

関西で大人気の自転車で傘を使うために取り付けるアレ。

 

東京ではほとんど見ないけどあれってルール的に

どうなんですか。と

この問題に関わらずなんですが、自転車のルールって

他人にとってすごく迷惑になる、重大な事故につながる

ことが車やオートバイよりも圧倒的に少ない。

乗り手自身が危ないからルールがあることが多いのです。

 体験してみると分けるけど雨の中で片手手放しで

傘を差しながら乗るのは危ないというより怖い。

だからこれがルール的にどうなのかの議論はないでしょ。

 

でも自転車に取り付ければ片手運転にならない。

そう。自転車にこれを取り付けるだけならば解釈的には

問題なし。

でも、60センチ以上に広がる傘なら差した時点でアウト。

 

車両規定には明記されているし、これもアウト。

でも、傘が広がった状態での危険性と濡れない確率からみると

もっとダメなことがわかります。

 

傘は風に対して風の力をため込みやすいから結果として

走行上の危険性が傘を差していることで増します。

それと傘を差しているということで雨がしのげているか

というとこれも非常に怪しいです。

 

だって、雨は地面に対していつも垂直に降るわけじゅやないし

そもそも自転車乗った時点で地面から数十センチ離れているから

下からの水分には効果なし。

 

だから、ルール違反でもあり危険でもありそれに思ったほどの

効果もないというのが正しいかと。

 

世の中のことでルールに決められているから守りましょう。

というよりも使う人間に対しての危険性などをきちんと説明

することが正しい知識だと思うのです。