読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何度でもチャレンジ

f:id:wrenchy:20160716181652j:image

高校を卒業したばかりのあの頃の私は

この仕事がこんなに長く続くなんて

思わなかった。

 

30年も同じことやればさすがに飽きる?

だろうって思ってたけど全然飽きない。 

 

それはみんな周りのおかげ。

ご縁のある方々だったり環境だったり

プロジェクトだったり。

ひとつのことをやるにはこの飽きやすい

性格が災いするぞーなんて思ってたけど。

 

実はこの飽きやすい性格がこの仕事には

向いていた。

 

30年と少しのうち、ここ最近15年間、つまり

半分の仕事人生では仕事の内容がドンドン

シフトしていった。

 

変化のタイミングって突然来て、そして

生活や立ち位置とかを根こそぎ変えていく。

 

これまでの経験とか実績を全く寄せ付けない

かのような仕事がドンドン舞い込んでくる。

 

飽きない性格ならばきっとこんなチャンス

いっぱいの仕事を出来なかったかな。

もちろんですが、誰も手がけたことのない

仕事を始めからやるってしんどい。

 

でも、面白さを含んでいる限り、私は今ある

仕事、将来グッと伸びる仕事には何はともあれ

関わりたいし。

 

昨晩の話しも実に魅力的。

色んな事をダンシャリすることにはなるけど

それでも誰もやっていないことはドキドキ、

ワクワクが半端ないのです。

 

飽きるからこそ捨てられる。

捨ててもこだわりはないので新しいことに

チャレンジ出来るんです。

 

いつもならばグダグダになって電車に揺られるのに

昨日はワクワク帰宅。

さていつ実現するかな。

今はそのために時間を使いたい。