卒業生を巡る仕事の旅

仕事で何か嬉しいことを 一つだけ上げろと言われたら。 私が関わった仕事が今も誰かに 引き継がれていること。と答えます。 いくつもの仕事から「卒業」したからそれが 時を経て無くなっているのは一番辛い。 でも関わった仕事の多くは嬉しいことにまだ 一緒…

過去があるから今と明日がある

博物館に置かれていた古いスポーツ自転車。 マニアじゃないとわからないパーツ。 実は変速機なんです。 変速機とはスポーツ自転車に乗られている 多くの人が間違ってるんですが、 決してスピードを出力装置じゃありません。 それは人間の体力、能力によりま…

ながら×ながら効果

朝がステキなうちにやること。 どうしてもやることが同時進行になってしまう。 ゆっくりするのもいいけど、ホテルでの時間は 慌ただしい。 だからこそ「ながら」の内容大事です。

何も考えないで黙々とやり遂げる日

三日間、集中しっぱなしで今日は 意図的に何も考えない日。 いつものことなんだけど仕事に スムーズに戻れる自分なりの儀式。 普段を取り戻すタイミングで切替が ずれてしまい仕事やプライベートのことが 半歩遅れるのが嫌なんです。 幸いに朝日が綺麗だから…

情熱の赤と黄色に集まる瞬間

関係者はもちろん、私もある程度のにぎやかさは 想定していましたが入場して、あまりの人の集まりに 驚きを隠せませんでした。 想定をはるかに超える人が一点に集中しています。 彼が動けばみんなも動く。 自転車レースの世界なんてマニア世界ですから 知っ…

準備された心遣い

ホテルに年間を通じて住んでいるような 宿泊数だけに色んなホテルの色んなサービスが 参考になります。 ホテル独自の有料サービスはもちろんの事、 きめ細やかな言葉や文字の無料サービスまで 自分の仕事に活かせるサービスの質とか内容を ホテルは色んな角…

今年も始まりました

今年も無事にスタート。 10年以上続いているこのイベントに縁あって 色んな角度から仕事をさせて頂き、参加しています。 「10年ひと昔」なんて言葉が死語になるくらい 仕事の変化スピードはすさまじい。 流行っていることが廃れる始まり。

準備着々と

明日から始まるイベントの準備時間に 行ってきました。 実作業をするわけじゃないけど そのスタート前に。

11月スタート

もう11月。確か10月にも同じ言葉を発していたかも。 年末に向って進行する時間はとっても早く感じる。 今年は10月でもポカポカしていたけどさすがに 朝晩の寒さはぐっと冷え込んでいます。

かっこいいが一番基準になりませんか

自転車も大胆かつかっこいいイデザインに 囲まれていた頃がありました。 かっこいいは購入条件の一番になることが ありますよね。 機能とかデザインよりもはるかに上。 かっこいいと機能もシンプルにデザインも 買いたい側の心をくすぐる秀逸なデザインとも 言…

数百台の歴史に囲まれています

ここには歴史的な自転車が数百台、静かに 眠っています。壮絶な眺め。 いつも自転車博物館にお邪魔するとここで名車を じっと眺めるのが好き。 生まれる前の自転車も多いけど、その生い立ちを 知る自転車もたくさん有るのでタダじっと 見つめるだけでも幸せなんで…

異色コラボを深く考察してみる

コンビニは移動限定使用。 日々の生活では基本的には使わない。 だけど陳列視線とかプロモーション視点だと やはり、とても勉強になります。 コンビニは便利なだけで割高。 そんな常識もどんどん壊してくれるから 数万店の色んなコンビニが共存共栄して いるんで…

ここだけは有ります

神社のおさい銭箱にある「有」の文字。 島根は神有月なんです。 10月は日本古来の呼び名だと神無月。 神さまがみんな出雲に集まるから島根だけは 別の呼び方。 もちろん、諸説あって月が暦の月を表さないって 説もある。 でも、10月だからこそ「有」という文字が 気…

成分をよく見る

知り合いからカカオを頂きました。 そう、チョコに含まれている成分。 でも、普通に販売しているチョコにはほとんど 入っていない。 そう気付いたのは結構前ですがその時の 衝撃はいまでも覚えています。

オーダーの喜びと修行

実は初めてなんです。 オーダーシャツ。 サイズとかカラーはもちろん、 ボタンの位置まで。 考えるとオーダーで買えるものって 少ないかな。でも、その世界では わりと普通なのです。

オリンピック施設が少しづつできていますねー

ここからはオリンピックの準備が見えます。 しっかりとそして、急ピッチに進んでいます。 あれ?誰が設計したんでしたっけ。 物議を醸したいろんな建築業界の巨人たちの 名前はあんまりニュースでは目にしなくなりました。 でも、期限が決まっている仕事です…

中身のすごさと本当に欲しいもの

展示会で見たスゴ技。 ここまでの努力の話をすると長くなる。 今、商品にこれまでの技術がつぎ込まれて いることがすごいじゃありませんか。 普段は見られない部分だけどきちんとこういう 技術の積み重ねが商品の評判を作っています。 とはいえ、ここまでは…

雨の日にウキウキして出かけたいな

雨の日に出かける、出かけて仕事をするって 少し気が進まないもの。 出かけるにしてもしかるべき準備が不可欠。 そもそも、出かけなくなるとラッキーなんて思います。 でも、ウキウキする手はないのか。 私の場合はシトシト、ジメジメをウキウキに 変える手…

30年間なかった初めての体験

30年間。長いようで短い。 最初に仕事を始めた時にこの街にお世話に なりました。 この街に思い出よりも成人したときの苦しみが たくさん。それでもそれはすべて記憶として。

今年も終わりました。

今年も終わりました。 20年前にお世話になってからもうあの頃の 仕事でも生活でもないけどご奉公のみ。 でも、長く同じ視点で見ると見えるものが あります。

反対側から見る視点

そこにあるのは事実ではなく解釈である。 いつも痛感する言葉。 事実をどう見るかで正反対の解釈が 生まれてしまいます。 好きなブランド、会社。嫌いなそれら。 同じことを見ているようで全く違います。

なんでもスマートフォンの怖さを考えてみました

なんでもスマートフォンで。 かなり便利。 でも便利には不便がつきまといます。 不便ってどのくらい? 不便を通り越して何が危険なの?

検索抜きで楽しむ地元絶品の旅

知らない街で食を楽しむにはウエブの力が 便りになります。 もちろん、のれんとか看板なんかでひらめく時や にぎやかな雰囲気なんかで直感を磨く時も。 でも、そこに知り合いがいれば最高です。

安全の文字と不安の可能性

日本のホテルでは見慣れた光景。 日本では水と安全はタダって思っている。 私もずっと日本で暮らしていたのでそれが 実感しませんでした。 でも、海外で暮らしてみて初めて、 その神話は実感をこえて自分の身をもって 痛感しました。

充電スタイルはいつまで変わらないかな

少し古めの機体にひっそり取り付けられていた USB充電コンセント。 一般的な電源タイプではなくUSBなのが今どき。 恐らく飛行中は長く席を離れることは少ないので 乗客からの強い要望に対する答え。 電気そのものの発明、発生から長い年月が流れました。 そろそろ…

人間生活に便利さと不便利さを持ち込むと

ひとりでできた。 いつも使ってるコンビニの無人レジ登場。 つまり自動レジ。 聞けば流通の世界では商品バーコードはすでに 読み取るリーダーにかざさなくても認識可能。 カゴをベルトに乗せるだけで支払完了。

生き残りサービスとそれを受け入れる人たち

居酒屋に置いてあった今時な灰皿。 水蒸気タイプ捨てカス対策。 タバコを吸う方にとって意見は喫煙という動作として 意見が分かれるけど吸わない私も含めた人とって どっちも不必要なもの。 でも、喫煙は趣味趣向なんでそこまでの嫌悪感もなく 特別な感情はあり…

ブランドイメージって壊れないのかな

好きなブランドがイメージとは違う商品を 発売したら皆さんはどう思います? 駅で駆け込む時についつい購入。 カツサンドとしては秀逸ブランド。 これがそのブランドの持つ食感や味を 活かした商品でないのはわかっていても ついつい手が伸びちゃう。

人の話を聞く日

接客が得意です。 そんな生徒の多くは自分が話すことで他人が その話を聞いてくれることに酔っている場合が ほとんど。 他人、よりによってお客さまとは他人である お店の人の話なんて聞いてないもんです。 そんな生徒を修正するための学校。

コンビニの手間と出会いと

便利なコンビニはどこにでも。 同じものがいつもあるありがたさは これまで海外でしみじみ味わいました。 日本だと当たり前すぎて怖いです。