読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

価値の決め方と相場という勉強はここです

こんなに価格がガンガン変わるものなのか。 普通はモノにしろサービスにしろ定価が存在します。 定価がなくても基本的には相場で決まっているから あらかじめ購入や利用する前に価格を調べれば買う 際に自分にとっての価値と比較可能。 でも、世の中には変動しま…

コーヒー日記続いてます

コーヒーを旅先で淹れるスタイルがすっかり 続いてます。 三日坊主な私がこれだけ続いてるのは朝散歩同様、 奇跡に近い。なんで続いてるの? それは朝の貴重な時間をとても贅沢に過ごせるから。 これは私にとって素敵なそして大切な時間の使い方。 荷物が少し…

時間が短くなって生活が変わる?

近所にあるスーパーの営業時間が変わるようで。 深夜2時閉店から二時間早まって12時時閉店に。 最近は年中無休24時間営業コンビニが生活に すっかり溶け込んでいるのであんまり驚かないけど。 この時間に設定されてたのには意味があります。 最終電車の最寄り…

日本にあるややこしさがヒントです。

最近、学校の授業でキーワードにしています。 和製英語。 そもそも英語の正しい語意を日本語でも 使えればいいんだけどなぜか英語として 輸入された時に伝言ゲーム的には違った 意味に変換されてしまったようで。

うっとりするタイミングになりました

たくさん旅をしているとお馴染の光景があります。 変らぬ景色だけどそれは一年を通してまったく 変らないわけじゃない。 春には春の、秋には秋の色と輝きがあります。

他人をうらやむくらいなら自分を見つめないとね

昨晩はほぼ同い年の仲間達との夕食。 皆さん会社員で所属する会社の大事な ポジションを担っている。 皆さんは長い間、実績と経験を積んでいるので 会社の中でも特別な存在。 彼らのような社内の要職に就ける事が正直、 うらやましい。

偶然と必然があるから旅なんです

偶然の旅で必然の出会いがある。 表裏一体な関係。 今回は初めての場所だったので調べるのも 最低限にして直感でスケジュールを決めました。

地域限定看板巡りは旅のスパイスですな

地域限定看板は見知らぬ土地から来ると 笑えたり、気になってしまったりでついつい 写真にシタタメマス。 昼間なら良いけど夜に散歩を兼ねて 看板ハンティングのために街を ブラブラしているとそれは不審者が 廃貨しているようにしか見えない ようなのであまり…

ステキな旅の醍醐味を味わいたい

航空会社が溜まったマイレージでどこに行くか 申し込み時点ではわからない旅を私に提案して くれました。 場所は日本のどこか。 どこかによっては残念になるかもしれないけど どっちにしても考えて予定通りに進まない旅も 良いもの。

いつもの新しいスタートです

4回目の入学式。 この仕事を始めてから一年が早く感じます。 自分の中では入学式も卒業式もほとんど記憶に ないというのに。 式典は無事に進行し滞りなく終了。

なぜ人間はいつでもどこでも繋ぎたくなったんですかね

空港で移動の時に目立ちます。 あらゆるコンセントから電源を確保する 旅する乗客者達。 思えば、携帯電話が普及した時にはここまで 極端な電源確保難民はいなかった。 どうしてこんなことになってしまったんでしょうね。

いつかはあそこを走りたい夢を持ちながら仕事をします

スポーツ自転車用のヘルメット。 この色とチーム名でビビってこられる方。 マニアです。 10年近く前に仕事で取材した時に頂いたもの。 もちろん、このグリーンの意味を知っているので ずっと大事に保管していました。

日本の色の感覚を海外で改めて学ぶのです

先日イベントでとっても素敵な場所へ。 イベント自体も楽しませてもらったんですが ここは日本に伝わる生地とその完成品でもある和服を 展示してあるところ。 これじゃちっとも伝わりませんね。 ウエブサイトが工事中なのでリンクは控えますが 私の心を揺さ…

同じものを二個買って使う大切さがやっとわかりました

同じものを二個購入。 正しく言えば同じデザインと内容の財布。 色や仕上げは違う。 毎日使うものは二個買いが良い。 そんなことを実感できるようになりました。

恐らく八年間しっかりありがとうございました。

推定8年間。 私の足元を支えたくれた靴とさようなら。 革靴は手入れもきちんとやらないとすぐに 傷んでしまうんだけど、この靴は私のそんな ずぼらな性格にもコツコツと仕事をしてくれました。

やっぱり本を読んで学ぼうと思います

最近、勉強する時間が取れないのがとっても 大きなストレス。 学校で生徒に勉強してもらう仕事をする限り、 私も本気で勉強しないとダメなんですがそれが 圧倒的に足りてないです。

マナーと所作と道具の関係をカフェで発見しました

いつものカフェにて。 ゆで卵をテーブルにガンガン打ちつけている人を 見て最初びっくりしました。 あ、そうか。子供のころにやったことある。

スポーツ自転車の未来は明るいのかな

長らく仕事として自転車に関わらせてもらっていると 自転車のうねりというか流行が流行ってそして、 廃れていくのを何度も見てきました。 そしてその流行サイクルは近年短く限定的な動きを 見せていますね。

まだまだまだ三年目

カレンダーで知りました。 会社立ち上げて今日でやっと三年。 されど三年。 かなり昔、福岡で自転車店を十一年続けた時は 正直、もう誰かと組織としてやる事はないな・・・って 思っていました。

春うららかな午後のテラス席にてヒト観察

まだ朝晩が冷えますがもう春はすぐそこ。 カフェでもテラス席が埋まる季節。 カフェをずっとやりたいと思ってる 私にとって、テラス席は気持ちの 落ち着くところ。

お別れは突然にやってきました

お世話になっている組織の送別会。 週末挟んで最終電車の旅が続きます。 それにしても、普段はそんなに話さないけど ホント、みなさん話が面白くてうまい。

ネタ帳が新しくなってウキウキです

まあネタ帳が一杯になり新しいやつを。 前回とまったく同じ手帳で。 大きさといい紙の厚みといいベスト。 最初は友達からもらったヤツを使っていた けど結局、なんだか同じものが続いてます。

やっぱりホンモノの迫力はすごい

いやはや参りました。 雑誌の表紙を飾っているイラストを特別に 拝見させてもらいました。 雑誌自体は印刷しているので色んな意味で 調整済み。 これは本当の原画。ウァーって声が出ちゃう。

去年の今頃すら覚えてない

去年の今頃は何をしていましたか? そうか、金曜日だったんだ。 6年前の14時46分は職場で仕事をしてました。 でも一年前のことはよく思い出せません。 そう。人間は忘れる事で脳が活躍します。

二年間という短くて濃密な時間過ごしましたね

謝恩会も滞りなく進み、これにて 二年生の行事は全て終了。 明日から新生活に向けて移動をスタート。 思えば全員で濃密な二年間という時間を 過ごしました。 親よりも兄弟よりも長い時間を。

今日の感謝。

今日は素直に喜ぼう。 生徒諸君卒業おめでとうございます。 二年前にみなさんににお会いした時、 少し不安だった。 常勤の先生を含めて皆さんをプロに 育てられるのか。

本人ビックリですが戻ってきました

実は本人が一番驚いてます。 旅の途中で失くした携帯電話発見される。 今回はかなりの距離を移動して気づいたので 完全に諦めてました。 念のために移動したバス、飛行機や ホテルなど一通りの確認。 その一つから該当のものがあるとの連絡。 再会はあっけな…

自転車の楽しみを広げる奥深さ。難しさ。

自転車文化の創造。 そんな壮大かつ深い仕事に携わらせて もらったのはもう10年前。 そんな事できるわけない。 自転車ブランドのそんな大掛かりなことを 否定していたのですが縁があり仕事を 始めたらあっという間に五年が経過。 今回は新しい自転車文化発信…

さあ走りましょう

業界展示会が一通り終わるとこれからは 一般向け試乗会真っ盛り。 昨年、快晴ですごい人出だったイベントに 日帰りで伺いました。 11月のイベントは室内だけどこっちは 広大な土地を利用した青空試乗会。

あっという間に最終日になりました。

早いなー もう学期末。 二年生は卒業。一年生は二年生に。 卒業生の教材の自転車が無くなると 一気に寂しくなるんだろうな。 まるで潮の満ち引き。 自然の摂理のように時が過ぎていきます。

携帯電話を無くして見つけたもの

とうとうなんですが携帯電話を無くしました。 写真のものは別ですが。 ここ最近、何度か無くなりその時々は何となく 思い当たる節もあり、都度発掘してました。 今回だけは数百キロの旅の途中で気付いたので うーん。思い当たらない。

メンテナンスが大事なことに今更ながら気づくのです

先日、痛そうな話を聞きました。 歯石を取るために歯医者さんに行ったら 治療が修行だったとのこと。 ありえない痛さだったこと理解します。 基本的にはメンテナンスしているだけ。 でも、取らないと結果的に歯を痛めつけるので こまめにですね。 私も歯の手入れ…

包むことで受け取れるものってなんだろ

昨日の買い物三つ。 ボールペンと万年筆に使うコンバーター。 それとうつわを。 うつわは陶器なのできちんと包まれています。 ボールペンとコンバーターは正直、過剰包装かも。 でも、包むことで受け取るもので違いませんか。

使い方と置き方が自転車の未来とダブる

都内で自家用車を所有するということは かなりのハードルがあります。 車のコストはともかく維持することが かなりの重荷。 そりゃそうです。 車は便利な移動手段だけど駐車場所が不可欠。 その快適性や喜びは駐車する場所とは別物。 仕事ならばコストとの相…

入学準備が今日から始まりました

二月です。来年度の準備が始まりました。 実は入学式前に色んな準備があり、今日は そんなドキドキの初対面な日。 名前はまだ存じないこのタイミングならでは お互いに会話の無い緊張が走ります。

キーワードは一点モノと共有モノ

このトートバックは一枚のバナー(横断幕)から 制作されたもの。 プロが細かく裁断のパターンを設計しているから から同じデザインのものが無い。 誌面で紹介されたのは全パターン一斉に。 なるほど。これは欲しいと思いました。

似て非なるものの効果はスゴイ

指を怪我しました。 何もしなくても大丈夫。 甘い考えを裏切るように冬なので治りが遅く、 その間にもどんどん痛くなります。 傷口を覆うもの。 100均でもコンビニでも入手可能。 でも、似て非なるものがあります。

習慣に翻弄される生活が楽しいのか楽しくないのか

クリスマスにはフライドチキンを食べて 元旦には初詣でに出かけて バレンタインにはチョコレートが流通する。 日本人は無宗教と思われる事も少なくないとか。 いやそれは違うと思います。 自分の信じるものがあるという観点よりも どんな宗教にも寛容なだけ。

色々な水の使い方があります

降雪地帯のみなさんにはお馴染の光景。 路面の雪を溶かしつつ、凍らせない工夫。 最初に秋の試験運転を見た時はビックリしました。 晴れているのになんで路面が濡れているの? 水は人間の生活には欠かせないもの。

本をまた読むようになりました。

本は最近もコツコツ読んでいたけど なぜか専門書が増えてました。 本が好きだけど読むサイクルにならずに。 本の買い方もKindleだったり中古も少なくない。 それでも読破は素敵な瞬間。 最近、少しはまっているのは仕事的な思想本。 もちろん陳腐な自己啓発…

おろそかにしたのに気づくのは何年先なのかな

いいものばかり食べててうらやましい。 フードテロばりなこういう写真は最近SNSに 挙げるのを控えていても友達にコッソリ見せると いつもの・・・のイメージがつきまといます。 でも自慢したいのではなく食べ物をおろそかに できないという気持ちのほうが強…

忘れられた現代にあるもの

オートマ免許の今時な仕事仲間から鋭い指摘。 最近、ドアにミラーがない車がいないですよね。 そうか。逆の発想。 ドアミラーの車ばっかりになっただけ。 ミラーは変速システムと違い外観だから変化に 圧倒的に気づきやすい。 マニュアル変速からオートマチ…

北陸の天候ってイメージと結構違います

この時期は慌ただしく長野・北陸と都内を往復します。 もう3回目の冬。 北陸って一日晴れる日なんて珍しい。 雪が多く低く垂れ込めた雲がいつもの空。 そんなイメージだけど今年はなんだか変。

学期末テストが何を変えるのかな

早いですね。 新年になったばかりなんて思っていたら もう学校は学期末テストが始まりました。 二年生は来月に卒業。 一年生は再来月には新二年生に。

これからも避けて通れない自転車の保険の話

自転車で1億円の責任が生じる時代。 まだ多くの人が保険に入っていません。 自動車は強制的に入らされる保険と任意でその加入した保険を 補完するカタチの保険と両方あります。 自転車は基本的には強制加入の法律は無かったので 結果として多くの人が加入してい…

久しぶりに撮影していただきました。このスタイルで

15年前の現場スタイル。 ワークシャツと大きめクリアーサングラス。 靴はワークブーツ。レッドウイングにつま先に鉄芯入り。 偶然に雑誌の企画で作業モデルと企画のお手伝いを少しだけ。 私の作業風景を見られた方も当時の レース関係者だけだからすでに風化…

富士山をたくさんみられる仕事に感謝

先月もよく旅をしました。 気になっているのはやっぱり富士山。 あの力強さはいつもココロが洗われる。 先月は偶然にも新幹線と飛行機と静岡出張が あり色んな角度からその御大を味わえた。 冬は空気の汚れが少ないからいつもより綺麗。

雪のある生活と雪のない生活

今年は少し天候がおかしいのかなと感じます。 本来、雪が多い地域の雪の降り方が少ないかなと 思えばあまり降るイメージの無い地域で大雪になったり。 そもそも、大寒のタイミングですから降る方がむしろ 当たり前。降らない方が不思議な感じです。

デザインとは細部に宿るものです

写真では気づかないくらいの ブランドの主張。 デザインは細部に宿る。 すごく好きな言葉。いつも素敵なブランドには これが常に備わっている。 どこかの会社のようにベタベタと会社名を 自社の商品にこれ見よがしに主張しないもの。

スマホでできない撮影の楽しみってなんだろう

遅くなった旅の道すがらちょっと気になる風景が 目の前に広がっていたのでスマートフォンでパチリ。 この暗さでスマフォカメラ撮影だからと画質には あんまり期待していなかった。 でもビックリ。 こりゃ、コンパクトカメラが売れなくなります。